2008年07月19日

表現と矛盾とスコッチの飲み方

とりあえず 創ってしまって
意味はあとからついてくる?

そんなことが出来るなら苦労はしないよ


あのさ

そのグラス
色とか 香りとかって 言ってないで

とりあえず飲んでみなよ

話はそれからでいいでしょ……???
タグ:アート 芸術
posted by ハンヨウ at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

終わりは誰も告げてくれない

旅の終わりは 旅の始まり

終着駅は やはり始発駅になるだろう


やめさえしなければ
旅は永遠に続く

諦めさえしなければ
可能性も無限


終わりは誰も告げてくれない

終わりは 

君が決めたらいいよ
タグ:アート 芸術
posted by ハンヨウ at 03:00| Comment(6) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

この酒で 人生を二度歩む

時を封じた その酒ならば

ひとくち呑むたび 馳せる想いもあるだろう

たとえば悪運強く 30年の時を超え
再びこの酒を呑む機会があるとするなら

今日という日に戻るとしよう


走るように過ぎて行くであろう これからの永い時間を
ゆっくりもう一度 噛み締めるために
posted by ハンヨウ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

時間のとけたウイスキー

透明な液体は
果てしない時の流れを吸収して
ゆっくりと 色づいてゆく


君の生まれた年のモルトを飲める日を
 楽しみにしているよ

そして 
もっともっと 気の遠くなる時間が過ぎ

いつしか君が モルトをのめるようになる日のことを

心待ちにしているよ


その日が早く訪れるなら 私の人生を短縮してもいい


透明な液体は
ゆっくりと色づいてゆく

posted by ハンヨウ at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

この味の奥に 風景を見る


ちょっと一杯 ウイスキーを煽るなら
なかでもシングルモルト

主張ある華やかなモルトもいいけど

個性の少ない 無骨でドライなものがいい


華やかさの代わりに 少しのもの悲しさを
軽いため息とともに 
  思索の時間を与えてくれるから
posted by ハンヨウ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

皮肉と幸福の表現

何も変わっていない
太古の彼方から

一部の富裕層 死にゆく貧困層

人類の英知は 何を生み出し 何を殺すのか


得られるものだけを見て 失うものを見ない現代

私に何ができるか 皮肉を込めた表現で人と社会に問い掛ける
それもとても大切なテーマだ

でもたまには 幸福で一杯のイメージを
小さな窓に 慎ましやかに飾られた一輪挿しの花のような
そんな穏やかな表現を 

世界に贈りたい
posted by ハンヨウ at 03:24| Comment(2) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

君の眠り 私の夢

君の眠りは 奇跡の眠り

このつかの間の休息は 糧となり

目を覚ますとき
大きな成長のむこうにいるはず

訪れる奇跡を目の当たりにするために
ここでまっているよ

私は 目をひらいたまま
君の将来の 夢を見る




posted by ハンヨウ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

あめの力をかりて



冬の夜の雨は人を感傷的にするのだろうか
それともこの雨は 
  私の将来を暗示するのだろうか

濡れ歩く道からは 季節の移ろいはじめるにおいがする

この空に 満天の星を
 濡れたアスファルト 冷たい空気には
   春の日差しと 暖かな風を 創造しよう

今宵 
  この雨に力を借りて

未来を創造しよう




posted by ハンヨウ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

光の船

今日の船出は 明日への希望

桟橋から大きな客船を見送った 乗客は全て高校生だろうか
 知人が乗るわけでないその船は
      歓声とともに ゆっくりと動き出す

皆笑っている 
ひとりひとりが眩しかった 希望と可能性に満ちている
異国の地で彼らを待ち受けるものは
かけがえの無い経験 成長の糧


まるで未来に旅立つような 光こぼれる船影を見ながら 

 私も少し手を振って もう行くとしよう

見えなくなるまでいる必要はない

 まだ船は桟橋を離れたばかり 
   それでも私との距離は 
        月ほどに遠いのだから

 






posted by ハンヨウ at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

戦ったひと

勝ち組 負け組

考えが甘かった
楽観的であった

こんなことを言うのは 決まって負け組だ

でも
どうしてグチやボヤキは言ってはいけないのだろうか

私はいいと思う

そんなことが言えるのは
戦ったひとの証

攻めていった向こう傷

タグ:仕事 生活
posted by ハンヨウ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

曇りのち雨の出発

くもり  雨

カーテンを少しだけ開けて
弱い光を取り込めば

窓を伝う雨は しゃれた模様を描き出し
見慣れた家具も 光と影のモノクローム

こんな小さな空間もdramaticである


posted by ハンヨウ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

流れ

安定していたものが
少しずつ うごきはじめる

何もないことのほうが稀なのだ

いったいどんな周期なのだろうか?

理屈をならべても 動くものは動くのだ
posted by ハンヨウ at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

考えずとも

表現するのに
特別な時間は必要ない

自分の表現は
あえて時間をとって 創作にあたる
そういう種のものではないからだ

日々の生活 呼応して動く感情や精神
それ自体を表現している

しかしながら 
ここ数日 それらしいものが浮かんでこない
気持ちに余裕がないのだろう

物質的豊かさは この世界が充分に与えてくれる
では 精神的豊かさは?

物質的豊かさが おのずと精神的豊かさをもたらしてくれる
そんな 優 の回答は期待しない

不可 の回答を いつも待ち 探している

posted by ハンヨウ at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

少しでも できるかぎり

大自然の中に育った子供たちが
必ずしも良い人間になるとは限らない

都会のど真ん中に育った子供たちが
必ずしもすさんだ人間になるとは限らない


今日の笑顔は すぐに忘れてしまうだろう

それでも 美しい自然や 純粋な感動を
できる限り 与えてあげたい

大人になったときに
豊かな人間性を備えているように

その笑顔が糧になるなら
今はすぐに忘れてもかまわないよ
posted by ハンヨウ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

はじまりとおわり

雨の中を出発した

それでも心にくもりなく
足はよく動く

小説のはじまりのように
この雨は物語がすでに始まっていることを知らせている

これまでの奇跡は
集約に向かう布石であって

この雨の先にも 小さな奇跡がたくさん詰まっていることだろう

そしていつの日か 集約されたとき

求める物が手に入るのだろうか?

たとえ望む形にならなくても
やはりそれは 

一つの物語なのだ

posted by ハンヨウ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

魅惑の連休

明日(今日)から連休!

ふだんできないことを いろいろやろう
ふだんいけないところに いろいろいこう

わたしのレギュラー珈琲は ブラジル
posted by ハンヨウ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

まもるべきもの

世の中は広すぎる 24とか36とかいう数字では写し取れない
独創性に富んでいる

だからこそ寄せる波紋の中から、一つ一つていねいに
拾い上げ 

共鳴を確認する




人は守るべきものがある時 少し強くなる 成長する

やさしさのミナモトは ここにあるのではないか?
posted by ハンヨウ at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

規制するもの

生きていくうえで
いろいろなものに規制を受ける

思想や政治 植えつけられた倫理観

そんなに大げさにかんがえなくても
時計やホームの規制線 矢印 柱に刻まれた数字

日々規制を受けていることすら忘れている

好き勝手に振舞うことが 自由ではない
本当の自由をしらなくても

そのくらいはわかっている



posted by ハンヨウ at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

心のかたすみ

思い出はなくならない

わずかなきっかけさえあれば 風景だけでなく かぜのにおいや
日差しの強さ そのときの感動そのものがよみがえる

そこにもどるために 写真にする

写真によってもどるのは 現実世界だけではない
精神や感性のさまよった軌跡すら 再現できる

現実か 感性のたどり着いた先かの分け隔てなく
まさに そこ にかえる事ができる




posted by ハンヨウ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

ラフロイグ

もう数年前 アイラ島を訪ねた  環境も風景も違いすぎて夢のなかをさまよっているようだった あの日差し あの潮風 煙ただよう蒸留所   アイラのモルトの香りに滲んで あの島の思い出は美しくなるばかり  もう1度訪ねることがあるか それはわからない でも ほんのひとくちアイラのウイスキーをのめば 強烈なスモークと共に いつでもあの島にかえる事ができる   少しでもウイスキーがすきなら のんでみるべきだと思う あの島のウイスキーを
posted by ハンヨウ at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。